English version
News
top
工学部
工学研究科紹介
各学科専攻紹介
学科
機械工学科
航空宇宙工学科
海洋システム工学科
数理工学科
電子物理工学科
電気情報システム
工学科
知能情報工学科
応用化学科
化学工学科
マテリアル工学科
工学部付属施設
生産技術センター
大学院工学研究科
機械系専攻
航空宇宙海洋系専攻
電子・数物系専攻
電気・情報系専攻
物質・化学系専攻
量子放射線系専攻
工学域の
各学類・課程の紹介
研究者・企業の
皆様へ
受験生の皆様へ
在学生の皆様へ
年間スケジュール
アクセス
お問合わせ
広報誌
同窓会
人事公募
学内向け

TECHNOVATION 環境とヒトにやさしい未来へ 大阪府立大学 工学部
物質・化学系専攻 Material Science and Engineering
マテリアル工学分野
>>沿革 >>教員組織 >>アクセス >>履修関係 >>主な就職先 >>受験生の皆様へ >>同窓生の皆様へ >>お問い合わせ先
文明の進歩は材料の創造とともにある!
石器、青銅器、鉄器・・・材料が発展するたびに、時代は大きく進歩してきました。現在、私たちの社会において材料はあらゆる産業の基幹をなし、生活を豊かにしています。そして、新時代を切り開くために、材料の果たす役割はますます重要になりつつあります。たとえば、新エネルギー源の開発、宇宙開発、情報産業、環境材料、医療材料など・・・いずれの最先端技術分野においても、画期的な性能を有する新材料の開発が切望されています。

「マテリアル工学」とは、このような私たちの暮らしを守り豊かにする材料の性能を探求し、さらなる新材料を電子・原子・分子のレベルで設計し、創製する技術を担う領域です。本分野では、材料開発に必要な基礎的・専門的知識を修得するとともに、様々な材料技術における問題解決・理解を通して理論的思考能力を培い、創造力を育みます。そして、新時代の洗練された材料 -マテリアル- を生み出すことのできる、無限の可能性を秘めた技術者・研究者を養成していきます。
○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○
極微小領域の結晶方位解析 陽電子消滅法による結晶欠陥の検出実験
大講座および研究グループ一覧
マテリアルサイエンス講座
マテリアル設計最適化研究グループ ---【keywords】: 合金設計、材料プロセス、シミュレーション
第一原理計算による合金設計に基づき、組織変化、相平衡、相変態のダイナミックスを原子レベルからマクロレベルまでのマルチスケールで制御する事で、材料プロセスを最適化して、新物質・材料や新規機能・特性を創成・創出する事を目指しています。
ナノテク基盤材料研究グループ ---【keywords】: 有機ー無機ハイブリッド材料、光機能性、自己組織化、ゾルーゲル
当研究グループでは、材料化学に立脚した、精密な構造・物性解析に基づいた構造-機能相関の確立、およびそれらをベースとした機能性材料の創製を目指しています。無機化合物や有機−無機ハイブリッド材料を中心とした新材料創出、機能性開拓が我々の目指す研究成果です。
生体材料研究グループ ---【keywords】: 生体材料、バイオセラミックス、触媒、ナノ構造制御、構造・組織評価
超高齢社会の現代において、骨や歯といった硬組織代替バイオマテリアルの重要性はますます高まってきています。インプラント材や骨充填材としての新規アパタイト系バイオセラミックスをはじめ、様々な高性能セラミックス材料の開発を進めています。
構造評価研究グループ ---【keywords】: 結晶構造、組織評価、透過型電子顕微鏡
先端材料の特性を理解するためには、その構造を原子レベルで明らかにすることが重要です。本研究グループでは、先端材料の微細組織・構造をX線回折法や電子顕微鏡法を用いて解析しています。また、得られた知見より、さらに高機能化した材料を開発するための合金・組織設計の指導原理を提案しています。
表面化学研究グループ ---【keywords】: 環境材料、機能性物質、材料化学
機能性物質の創製、材料の環境特性評価、環境を配慮しエコロジーを視点に入れた物づくりと制御の観点から、材料科学を基礎として主に超音波照射によるナノ粒子の創製とその触媒等の物理化学的特性、材料の腐食・電気化学的性質と環境割れの基礎的研究並びに材料の局部腐食のモニタリング開発を行っています。
照射場マテリアル科学研究グループ ---【keywords】: 格子欠陥、ビーム誘起材料制御、陽電子消滅、ナノ微粒子、電子材料、磁性材料、熱電材料
電子・陽電子ビームやイオンビーム、X線ビーム、中性子ビーム、そして超音波ビームと物質との相互作用の素過程研究をベースに、半導体や金属等の無機材料を対象として、各種ビームを用いた新しい材料ナノ分析法やマテリアル改質・新材料創製方法を開拓していきます。
社会基盤材料研究グループ ---【keywords】: 結晶欠陥、拡散、微細組織、弾性・非弾性
材料の特性、特に力学特性は結晶欠陥の密度や微細組織に大きく左右されます。本グループでは材料のミクロ構造と材料特性の関係を調べ、その知見に基づいて新しい材料を開発することを目指しています。
量子線材料科学研究グループ ---【keywords】: 量子線材料科学、放射線、加速ビーム
われわれの施設で利用できる、放射線、加速器からの高エネルギー電子、イオンビーム、放射光などの量子線によって、高機能化によるマテリアル開発を行うと共に、新しい分析、評価の手段としてこれらの量子線を利用します。
応用化学分野へ
化学工学分野へ
該当旧学科HPへ
材料工学分野 機能物質科学分野
ページトップへ